設計料は高い???

多くの方は『設計料は高い』と思われているかもしれません。
渡辺設計では設計監理料を工事予定金額の割合を基に算出しております。
小屋を造るのと住宅を造るのでは時間も労力も技術も違ってきます。tatemono_myhome.png
用途や構造、形によって設計監理料がかわってくるので、正式にはお見積りいたします。
設計監理料とは別に申請費用や手数料、外注費などがかかる場合があります。
トータルで考えると決して安いものではありませんが、お客様自身の思いを形にしたり納得いくものを
作り上げるために必要な費用です。
それらを無駄にしないよう私共は精一杯家づくりのお手伝いをさせていただきます。
そして、家が建った後も部屋のリフォームや外壁のイメージチェンジ、メンテナンスなどで
困ったときはいつでも相談に応じれるようお付き合いを続けていきたいと思っております。

意外と細かい建築基準法

『建築基準法』という言葉は聞いたことがあると思います。
すべての建物は建築基準法に基づき建てられています。
建築基準法というのは最低限守らなければならない法律なので、様々なことが事細かくfudousanya.png
決められています。その上でお客様の要望に応えたり住みやすい環境を提案していくのが建築士の仕事です。
しかし、中には応えられない要望もあります。
建築基準法の一番最初に『国民の生命、健康及び財産の保護を図り…』という一文が
あります。住む人とその周りの皆さんを守るための法律なので、それに反する要望には
応えられません。その代り新しい提案をさせていただきます。
みなさんの安全で快適な生活ができるよう、建築士として誇りと責任をもって取り組んでいきます。

家ができるまで

ご相談
お気軽にご連絡ください
打ち合わせ
お客様の要望やライフスタイルを伺い
私どもの提案と何度もすり合わせまとめ上げていきます。
資金計画もまとめていきます。
基本設計
基本となる間取りや外観を決めます。
見積額の提示。
実施設計
基本設計をもとに実際に工事を行う上で必要な設計図書を作成していきます。、
各申請
建築確認申請を行い許可がおりないと工事はできません。
計画地域や建築内容によっては各機関に申請が必要になります。
着工
工務店と工事請負契約を交わし着工です。
工事監理
図面通り工事が行われているか各工程で調査します。
問題があれば改善し、適切な指導をします。
完了検査
完了時に検査があります。中間検査を行う場合もあります。
合格すると検査済証が交付されます。
引き渡し
お客様立会いのもとチェックと説明を行い引き渡しとなります。

未来設計と住宅設計

家を建てるのは一生に一度の方がほとんどだと思います。
建てた後に増築したり、改修したりすることはできますが
変えられない部分があるのも事実で、なんでもできるというわけではありません。family_big.png
そこで、ある程度未来を想像してみることをお勧めします。
たとえば…
これから赤ちゃんが産まれるなら、あらゆる場所の角に丸みをもたせたり、
使う材料も赤ちゃんに優しい物を使う。
子供部屋を将来仕切れるように造る。
家族の誰かが怪我や病気などで車いす生活になったときのことを考え
ドアを引き戸にしたり、廊下の幅を広げたり、段差をなくしたりする。
自分の老後を考え、水回りは全部1階にまとめる。
など、お客様に合った提案をさせていただきます。
また、渡辺設計には福祉住環境コーディネーターの資格をもったスタッフがおりますので、病気や怪我などで現在の生活に不便を感じている方には、快適な生活とともに
安心した将来が迎えられるような住まいの提案をさせていただきます。